Remain the same
4月下旬以来久しぶりに医大へ行き聴力検査を行った。
今回の4分法平均聴力レベルは63.8dBと数値的には前回とほとんど同じであり、ほぼ固定との担当医の診断にも悲しいかな頷ける。
偶発的に治る可能性など全くないのでこのまま放置すればこの聴力レベルに留まることになるのだが、かと言って、再び鍼治療を始めたとしても良くなるという保証はどこにもない。
もちろん鍼灸院へ通ったおかげで当初の聾レベルからここまで大きく改善したのだけど、この3月以降は効果が数値に現れなくなってきた。
もちろんまた定期的に通えばもっと良くなる可能性もあるだろう。
しかしその時間的・体力的・金銭的労力が生易しいものではないのも事実だ。
よって、このあたりで諦めるしかないのか・・・という結論が頭の中で大勢を占める。
あとは左耳に発症しないことを祈るだけだ。
名古屋市内に同様の施術を行う鍼灸院があればいいのだけど、残念ながら今のところ突難ハリ治療ネットワークは同市内には存在しない。
浜松市在住の人がウラヤマシイ。。。
[PR]
# by lefty_0909 | 2007-08-17 18:20 | 突発性難聴 | Comments(2)
Second step on the road to recovery
若干寝坊してしまったが、起きてみると昨日の強風も収まり良い天気だったので予定どおりテニスへ出かけてみた。
半年ぶりの"運動"なのでさすがに最初はおっかなびっくりだったが徐々に身体は慣れてきて、無理して激しく動かない程度であれば何とかテニスも楽しめるようである。
もちろん、高校のとき体育の成績が2だったほど運動神経の鈍い自分にとって半年のブランクはとてつもなく大きい。
テニスの技術的レベルは予想を越えて劣化しているし、筋力・持久力もしかりである。
これらに関してはまたコツコツと挽回していくしかなさそうだ。
幸いなことにスクールレッスンの振替は売るほど溜まっているのだ。
しかし、今日の結果は先日の飛行機搭乗テストに続いて"復帰"へ向けての大きなステップであることには違いない。
残るはアルコールテストである。。。
[PR]
# by lefty_0909 | 2007-05-12 23:00 | 突発性難聴 | Comments(3)
It let me down
今朝は定例の愛知医大での診察であった。
例によってまず聴力検査。
もちろん自分自身良くなっている実感は全くないので期待はしていなかったが、やはり前回とほとんど変化は見られなかった。
平均聴力レベル4分法で65.0dBなのでむしろ数値的には悪化している。
発症からほぼ6ヶ月経過し、いよいよこのあたりで観念しないといけないのだろう。
毎週の鍼通いも来月をメドとしたい。
そんな中唯一の救いは、飛行機に乗っても問題ないですか?と先生に尋ねたところ、全く問題ないですとの返事だったこと。
まずは30日からの札幌行きで実証してみることにしよう。
[PR]
# by lefty_0909 | 2007-04-27 23:00 | 突発性難聴 | Comments(0)
Kick it back again ?
数日前、久しぶりに今年または来年の目標にもなろうかというとても興味深い事がらを見つけ、それに関してあれこれ調べているためここ数日は毎日午前1~3時まで起きている。
そんな寝不足の影響からか、昨日から強い目眩が復活してしまった。
このところの小康状態に慣れてきつつあったので、突然の変化に階段を踏み外しそうになったり歩いているときによろめいたり。。。
やはり突難に寝不足は大敵だ。

会社帰りにいつも降りるバス停をそのままやり過ごして藤が丘に寄ってきた。
そしてその折り返しで帰宅するバスの中で同じテニススクールに通っている女の子を見かけた。
しかし熱心に本を読んでいたので自分には気付かない。
いや、もしかしたら彼女には同じスクール生と"認識"できていなかったのかもしれない。
でも考えてみれば10月下旬の練習試合後の打上げ二次会でいっしょに飲みに行っているので分からないはずはないだろう。
テニスのときと違ってスーツ姿なので気付かなかったのかもしれないな。
自分としてもすぐに下車するので声は掛けなかったが、最近のスクール情勢も知りたかったのでちょっと残念。。。
[PR]
# by lefty_0909 | 2007-04-12 22:20 | 突発性難聴 | Comments(2)
Try it on
今年始めにライさんから教えていただいた「健康365」という雑誌に載っていた"新パワーチップ"を遅まきながら購入してみた。
正直なところ、どこか心の奥底にやはりこの手のものは胡散臭いのでは・・・といった疑念があったため買うのを躊躇っていたのだけど、チップ10個で6,300円なのでもし騙されたとしても"痛手"はその程度である。
何十万もする健康食品を買うのとはワケが違う。
商品が届いたとき、パッケージに2箱入っていたので発送元が間違えたのかな?ラッキー!と思ったものの、その後注文のページを良く読んだら(チップ5個+テープ60枚入)×2箱が1セットと書いてあった。
残念。。。^^;
さて、自分の場合は耳の周辺にある翳風と聴会というツボに貼ることになるのだが、実際やってみると自力で狙った場所にピタリと貼るにはかなりの技量と熟練を要す。
誰か貼ってくれる人がいる場合は問題ないであろう。
一番肝心のその効果だが、それに関してはまだ2日間しか使っていないのでよく分からない。
今のところ実感できるような変化はない。
ただ、今となっては突難に対処するには鍼とこの新パワーチップしか方法がないのだ。
まずはしばらく使い続けて様子を見ることにしてみよう。
[PR]
# by lefty_0909 | 2007-03-29 22:10 | 突発性難聴 | Comments(11)
Like a roller coaster
今朝は医大病院での定例診察であった。
今回の聴力検査での右耳4分法平均聴力レベルは58.8dB。
これまでの推移は105.0dB(入院時)、81.3dB(退院時)、63.8dB、62.5dB、60.0dBなので50dB台に突入したこと自体は数値的には喜ばしいのだが、担当医からは数値にはほとんど変化はなく固定ですと言われた。
聞こえ具合に関しては何ら良くなったと言う自覚症状はないので医大の先生のその発言に対してもまぁそうなんだろうなと納得はできるのだが、そうは言っても自分なりに毎週浜松まで通うなどできるだけの努力はしているにもかかわらずなかなか結果に結びつかないことに対して、昨日とは裏腹に正直ちょっと落ち込んだ。
ただ、若干でも聴神経が動いている可能性があるのならもうしばらく鍼を続けてみたい。
どこで決着をつけるか・・・それが問題である。

今夜は職場の食事会だったが、職場へ仕事に来ること以外にさらにストレスを受容する場を設けるつもりは微塵もないので適当に断り浜松へ行く。
"欠席"した代わりに"食事代"をもらえたので今日の「うな新」ではいつもの"うな重"ではなく"特重"をおごる。
もう大満足!
医大での落ち込みもどこ吹く風となった。。。
鍼治療時に聞いてみると、来週からは神戸から突難の患者さんが治療に来ると言う。
こうなると名古屋など近いほうだ。
この鍼灸院ではここ3週間の間に焼津の女性と浜松の女性がいずれも治療約10日間でほぼ完治した。
特に浜松の女性のケースでは妊娠中で病院でのステロイド治療は不可だったため発症後すぐに鍼を始めたので効果があったようだ。
いずれもうらやましい話である。
自分にも早く何かしら変化が現れないものだろうか。。。
来週末は、浜松城の桜を狙って浜松城公園のすぐ横にあるホテルに泊まり、金土2日間の集中治療をする予定である。
[PR]
# by lefty_0909 | 2007-03-16 23:45 | 突発性難聴 | Comments(6)
Ring bells
先週末の鍼治療時に先生から聞いた話によると、突発性難聴はその名のとおり突然耳が聞こえなくなるのだけれど、だからと言ってその原因も突発的なものではなく、それまでに溜まった何らかの要因の蓄積が発症時に噴出したものだと考えるべきだろうと言うことであった。
その話を聞いたからというわけではなく、ここ最近になってようやくその原因に思い当たる節が出てきた。(鈍すぎる。。。)
今のセクションに就いて3年半、仕事内容は自分の適正にピッタリ合っていると今でも思っているし、仕事量・勤務時間にも何ら問題はないので見過ごしていたが、人的・思考的・物理的周辺環境に対するfrustrationは相当に鬱積していて、しかもそういった憂さを晴らす方策を全く持ち得ないということに遅まきながら気がついた。
営業店勤務時のように様々な不平不満を共有できる同僚もいないため、はけ口も見つからないまますべては自分の中へのみ閉じ込められる。。。

先生によれば、原因がそうした長年の蓄積であると考えられるのであれば、治療にもそれなりの時間がかかるのはやむを得ないとのことである。
オージオグラムでも毎月2dB程度ではあるが"固定"せずに動いていることもあり、ここはもうしばらくガマンして鍼を続けるしかないのだろうか。。。
[PR]
# by lefty_0909 | 2007-02-19 23:10 | 突発性難聴 | Comments(10)
It takes too long !
今日の愛知医大は予約なしの診察だったためかもしれないが、朝8時半に受付をしたにもかかわらず会計まで終わったのは12時前だった。
聴力検査と問診をするだけにしてはいかに何でも時間がかかり過ぎである。
聴力検査の結果は右耳4分法平均聴力レベルは60.0dB。
今までの推移を振り返ると、105.0dB、81.3dB、63.8dB、62.5dB、そして今回の60.0dBとなる。
数値的には若干ながらも良くなっているはずなのだが実感はほとんどない。

さて今日はこれからまた浜松に向かう。
いつもホテル泊まりなので今夜は趣向を変えて舘山寺温泉にでも泊まってみようかと、和室と温泉があれば良いのでどこか安いところが空いてないかな・・・と探してみたら、ありました!
観光旅館ニューはまな」が1泊食事なしで5,250円!
かなり怪しいかも。。。
[PR]
# by lefty_0909 | 2007-02-16 14:40 | 突発性難聴 | Comments(0)
Heard few sounds
会社帰り、名鉄瀬戸線のホームで電車を待っているとき、ポケットに入れていた回数券を落としたことに気づかずにいた。
後ろに並んでいたいつも見かける中年の女性が、落ちましたよ!と何度か声をかけてくれた。
しかし、何となく声がしたことは感じたが、その"音"が自分に対して発せられたものなのか、どちらの方向から発せられたのかしばらく分からなかった。
その女性にしてみれば、何ら外観上異常のない目の前にいる男性がどうしてすぐに返事をしないのかと不思議に思ったことだろう。
すみません、耳が良く聞こえないものですから・・・と、お礼を言うと同時に謝る。
雑多な音が入り混じる環境下では本当に聞き辛い。
街中では並んで歩いている人との会話でも不自由に感じることがある。
これが現実だ。。。
[PR]
# by lefty_0909 | 2007-02-14 19:30 | 突発性難聴 | Comments(0)
Wanna try it on
1年ほど前だろうか、会社のすぐとなりに補聴器専門店が開店した。
補聴器なんてどれほどの需要があるのだろうか・・・という穿った疑念からおそらくすぐ閉店に追い込まれるだろうと当時は思っていたのだが、そんな気配もなく今日まで時が流れた。
もちろんその頃は自分自身がもしかしたらお世話になるかもしれないなどとは夢にも思っていなかったし。。。
今日の帰り道、その店の前を通ってみると何やらパンフが置いてあったので持って帰ってきた。
内容は大したものではないが、その店が理研産業という当地での補聴器大手の営業所であることと補聴器の大まかな価格をそこから知ることができた。
そのお値段、28千円から410千円とのことです。。。
まだ完全に聴力固定したわけではないので今すぐ購入を検討するという段階ではもちろんないのだが、果たして今の聴力で補聴器を使うとどの程度聞こえ具合が変るのかという点についてはとても興味深い。
近いうちに一度"試聴"しに行ってみようかと思っている。
[PR]
# by lefty_0909 | 2007-02-06 21:15 | 突発性難聴 | Comments(2)