Tokyo Shuttle, Poor Handling
東京シャトルなる成田空港アクセスバス、成田空港→東京駅が格安の1,000円と聞き、今回試しに利用してみた。
利用日が正月休み最終日だったため満席になるリスクを回避すべく事前に「発車オーライネット」で予約したものの、この乗車券購入に関する案内、手続き等はお粗末この上ないシロモノだった。
当該メールには「バスご乗車の際には、本メールを印刷しご持参ください。」とのみ記載があったので、成田空港第2ターミナル前のバス停で10:05発のバスを待ち、到着したバスに乗っていた係員にそのメールコンファメーションを見せたところ、ターミナルビル内の京成バス発見カウンターで乗車券に交換してもらって来てくださいとのこと。
バス停にはそんな表記はなく、バス停からカウンターまではそこそこ距離があるため、そこへ行って折り返して来るまでには当然そのバスは発車してしまう。
特に急いでいる訳でもなく、次のバスは20分後なのでそれで良いかとカウンターへ出向きメールコピーを見せると、ペーパーの手書き台帳のようなものを出してきて、ここに名前と発車時間と予約番号を書いてくださいと言う。
それを記入してようやく乗車券を手にしたのだが、その横で予約なしと思しき人は1,000円払ってさっさと乗車券を受け取っているのだ。
どこに今どき斯様にも古典的な手続きが存在するのだろうか。。。
ましてやそのメールコピーは係員に渡してしまうのだから少なくとも名前や予約番号などそれを改めて書く必要がどこにあると言うのか。
気を取り直して10:25のバスに乗ろうとバス停に戻ってみると先客の女性が1人バス停で待っていた。
さてそのバスが来てみると、その女性は乗車券を購入してなく、係員からカウンターでの購入を指示され大急ぎで行って戻って何とか発車に間に合ったという状況。
さらには、次の第1ターミナルのバス停でも外国人夫婦が同じように乗車券購入の仕組みが分からず、係員にカウンターでの購入を指示されターミナルビル内へ駆け込んで行っていた。
要は、そうした乗車券購入方法がどこにも記載されていないため利用者は混乱するのだ。
当然である。
バスに乗っている係員はどうして乗車券を販売しないのか?
なぜ券売機等の設置はないのか?
なぜ手書き台帳のようなものに予約した乗客が記入しなければならないのか?
謎だらけである。
成田空港-東京駅と言う動線は名古屋在住の自分にとっては利用する機会はほとんどないだろうから問題ないのだけど、このような顧客目線の感じられないサービスは二度と利用する気にはならない。
[PR]
by lefty_0909 | 2013-01-06 16:39 | Travel | Comments(2)
Commented by ふらり at 2013-02-23 23:35 x
それは酷いかも
どうせなら、乗車定員制にしてしまえばいいのに...
このバスは全席立ち席です、ご乗車の方は縄で体をしっかりと締めてください。とか
Commented by lefty_0909 at 2013-04-01 23:17
ふらりさん、((((;゚Д゚)))