201208 Kawasaki-Fukuoka Away Tour #1
もはや恒例行事化していて何の驚きも目新しさもない週末のJ1、J2アウェイ連続観戦。
今シーズンは基本的にJ1土曜開催、J2日曜開催となっているため土日の連続観戦が可能なのはありがたいのだが、ただ、これとてJ2の日曜開催ゲームがナイトゲームとなると少々趣が異なってくる。
松本山雅FCのホームスタジアムアルウィンのように、試合終了後でも何とか名古屋まで戻って来られる地域であれば問題ないのだが、そうでない場合は翌月曜に休暇を取る必要が出てくるからだ。
今年のカレンダーが出揃った今春、夏場のJ2ナイトゲームセッションの中から休暇を取ってでも出かけたい遠征先として山形と福岡をリストアップし、この8月24日-25日の週末、先月下旬の山形に引き続きアウェイアビスパ戦を含めた川崎-福岡遠征に出かけてきた。
IMG_8222

8月25日、ほとんどの名古屋在住グラサポが朝早くから、あるいは前日から出陣している中、14時過ぎ、徐に新幹線で新横浜へ出向く。
横浜線新横浜駅で乗り換える電車を待っている時ふとホームを見渡すと、グランパスの飯島、伊藤両コーチがいるではないか。
今日は期待しています!と声をかけて電車に乗り込み横浜駅で降りてみると、両コーチも横浜下車だった。
この時間でここに居ても大丈夫なのかとも思ったが。。。
この日の宿は「横浜国際ホテル」、翌日の行程を考慮し横浜駅近くでホテルを探したところ、関内周辺などと比べ選択肢は乏しく予算の関係でここにしたのだが、部屋に入ってみるといやはやこれは大失敗。
部屋は狭い、ファシリティは古臭い、窓を開ければ隣のビル壁、バスタブは小さい、カビ臭い等々、一瞬で気が滅入ってきた。
IMG_8235

近年の競争激化で進化の著しいビジネスホテルのほうがはるかにマシだ。
旅先でのホテル選びはやはり重要なファクターであると再認識。
そんな淀んだ気分を引きずりながらも観戦態勢を整え、武蔵小杉駅からシャトルバスで等々力競技場へ向かう。

JI第23節川崎フロンターレvs.名古屋グランパス@等々力陸上競技場

この日は「難局物語」と称して南極昭和基地での"始球式"を生中継するなどフロンターレが大々的なイベントを展開していて、そのスケールの大きさに驚くとともにアウェイサポーターに対するホスピタリティも含め素晴らしい運営力を実感。
IMG_8257

等々力は陸上競技場としてはピッチとの距離が近いため比較的観やすいスタジアム。
IMG_8299

このところ不甲斐ない試合を続けているグランパスに対し、また同じ轍を踏むようなことがあれば先日届いた後期分のシーズンチケットをすべてシュレッドするとTwitterで宣言して観戦に臨んだこの試合。
一部依然としてやる気の感じられないプレーに終始する選手も見受けられたが、不恰好ながらも気持ちを見せ、何とか0-1で勝利した。
IMG_8313

ただ、訳あって試合後の反省会に関しては1回出席停止処分となっていたので、この夜はそのままホテルヘ戻り疲れを癒した。


写真はすべてiPhone4Sで撮影。クリックすると拡大表示します。
その他の写真はこちらから。。。
今回の旅の行程はこちらから。。。



<続く。。。>
[PR]
by lefty_0909 | 2012-08-30 23:00 | Travel | Comments(0)