201106 London #4
[201106 London #1]はこちらから。。。

Baker Street駅に戻ってみると、交差点角のレストラン前にイングランドサポーターが大挙集結して気勢を上げている。
うわ!さすが本場!迫力が違う!
IMG_5721

街中には対戦するスイスサポーターも闊歩していて試合を控える雰囲気を感じるには十分だ。
W杯をはじめとした国際試合ではこうした街の雰囲気がとても楽しく、これが遥々遠征に駆けつける要因のひとつと言っても過言ではない。
Baker Street駅からWembley Park駅まではMetropolitan Lineで3駅。
満員の電車がWembley Park駅に近づくと車窓からWembley Stadiumの特徴あるアーチが目に入ってくる。
駅に着くやほとんどの乗客が降りたので道に迷う心配はない。
IMG_5724

今日の試合はEURO2012予選グループG England vs. Switzerland。
駅を出たところでこちらも戦闘着に着替える。
ENGもSUIも赤ベースのユニと言うことで、違和感ないだろうと名古屋グランパス#11ユニに!^^;
駅からスタジアムまではまっすぐに600mほど。
IMG_5735

途中、道の両サイドにはハンバーガーやグッズを売る店が軒を連ねる。
そうしたエリアを通り抜けると目の前にスタジアムが全容を現し、皆思い思いに記念写真を撮っている。
サッカーの聖地Wembley、ついにやって来たよ!
IMG_5745

壁に大きく描かれたThree Lionsが誇らしげだ。
ぐるりと回って入場ゲートPに出向いてみると、すでに若干の入場待ちの列が。
入場ゲートではチケットのバーコードを各自読み取り機にかざして入場する方式。
その後保安検査があり、観客席へは折り返すエスカレーターをいくつも上っていくのだが、デパートで上階ヘ上がっていく感覚と同じ。
今回はカテ2の5階席、いったん指定座席に座ってみる。
豊田スタジアムよりは傾斜は緩く、ではあるがとても観やすい。
IMG_5767

ここでひといき、喉を潤そうと売店へ行ってみたがビールは売っていなかった。
考えてみれば、熱狂的なサポを誇るこの国のスタジアム内でアルコールなどを販売したら大変なことになるのは目に見えているよな。
試合開始が近づくに連れ観客も増えてきているのだけど、キャパ10万人を誇るだけあってあまり入っていないように見えてしまう。
IMG_5797

選手のアップが始まり、スターティングメンバー発表と徐々に観客のテンションも上がり、試合開始前にはゴール裏全体にイングランド国旗の人文字が浮かび上がると同時にイングランド国歌斉唱で感動も最高潮!
IMG_5802

16:45キックオフ!
試合は前半から攻守に優勢だったスイスが2点を先制したものの、最後にはイングランドが地力を見せて2-2に追いつき試合終了
ルーニーが出場停止だったのは残念だけど、客観的な立場で観戦するには劣勢を伝えられたスイスが先制しイングランドが追いかける展開が観ていてとても楽しかった。
そして試合終了後、この結果に容赦ないブーイングを浴びせたイングランドサポこそが真のサポーターなのかもしれない。
ところで、この日はカメラに道案内に朝からiPhoneが大活躍で、予備バッテリeneloopから途中充電をしていたものの、最後にはendoopも力尽きてしまって試合前にはバッテリ残量5%となる大ピンチ。
このあとTwitterのフォロワーさんとお目にかかることになっていたのだが、その連絡に備えてバッテリ温存すべくGPSやプッシュをすべてOff。
よってこの後は写真がない。(^_^;A
試合後は駅までの600mを結ぶ幅広い道路が完全に人で埋まってしまって駅までたどり着くのに一苦労。
ようやく電車に乗り込み、待ち合わせのPiccadilly Circus駅に到着したのは19持前。
我がグラユニを目印に初対面のロンドン在住のフォロワーさんと無事合流したのち、まずはSOHOのパブヘ。
カウンターでお金を払って飲み物を受け取り、テーブル等に座ってから食事などを頼むシステムのようだが何しろ初体験、一人では無理だっただろう。
その後、ベトナム料理店「Viet Noodle Bar」でフォーや生春巻きなど頂き、締めは最近ロンドンでブームになっていると言うジェラートで!
横尾様、Twitterでつい数日前に知り合ったばかりだと言うのに、お忙しい中遅くまでお付き合い頂き本当にありがとうございました!


写真はすべてiPhone4で撮影。クリックすると拡大表示します。
その他の写真はこちらから。。。



<続く。。。>
[PR]
by lefty_0909 | 2011-07-02 00:05 | Travel | Comments(0)