201006 World Cup South Africa #4
「2010 FIFA World Cup South Africa観戦記 #1」はこちらから。。。


待ち受けたHYUNDAIの大型バスに乗り合わせたのは20名ほど。
日本人は我々のみで、驚いたことに奇麗なお嬢様二人を連れた米系家族連れもいるではないか。
ここは南アフリカ、娘二人を連れての旅行など大丈夫なのかと心配になると同時に、逆に、それほど危険ではないのではないかとの思いも頭をよぎる。
O・R・タンポ国際空港からホテルのあるSandton地区へはバスで30分ほど。
南アは日本と同じく右ハンドル、左側通行なのでその点での違和感はない。
季節的には冬なので日の入りも早く、現地時間で18時過ぎにもかかわらずもうすっかり夜の帳が降りている。
そして、この時間でもホテルへ向かう道中に窓から街の中を見渡す限りほとんど人影はない。
やはり夜の出歩きは止めておいたほうが良さそうだということが肌で感じられる。
Sandton地区に入ると、それぞれのホテルで次々と乗客を降ろしていく。
程なく「Courtyard Hotel Sandton」に到着。
今回の旅行中5泊ずっと我々がお世話になるホテルである。
ここをベースに近隣スタジアムで行われる4試合を観戦する計画だ。
高層ホテルがひしめくSandton地区にあっては珍しい低層メゾネットタイプのホテルだ。
ホテル敷地内へのゲートに警備室があり、用件を確認してからゲートを開ける仕組みになっているようだ。
これならホテル内は安全かなとホッと一息。。。
ホテルのフロントはこじんまりとした造りで、応対した女性スタッフの聞き取りにくい英語に苦労しながらも何とかチェックイン完了。
R0015449

アサインされた66号室はフロントからやや離れた建物にあり、部屋は十分な広さが確保され、さらにはキチネットも付いている。
R0015455

なかなか快適に過ごせそうだ。
と思ったのもつかの間、あることに気がついた。


べ、ベッドが。。。
R0015451



そう、One King Bed Roomなのである。
これはマズい!
フロントに駆け戻りConfirmationを見せてTwo Beds Roomの予約であることを告げると、マネージャーが出て来てNo Problem!とおっしゃる。
どうなるかと見ていると、マネージャー自ら一人のスタッフを引き連れて、ベッドマットの取り替えなど汗だくになりながらTwin Bed Roomに改造してくれた。
ホテル側のミスとは言え、いやホント、オツカレサマでした。

R0015456

ようやくくつろげる環境が整ったところで時間は20時半を過ぎている。
このホテルには夕食を提供するレストランはなく、かと言ってこれからリスクを冒してホテルの外へ食事をしに出かけるなどできるワケがない。
ということで、近くのレストランの宅配サービスを利用することにした。
R0015461

ステーキとサラダとアルコール類、それぞれ2人前で合計R288.00 (約3,800円)
悪くない。
この時点で日本時間6月23日午前3時半なので、名古屋で新幹線に乗ってから32時間経過。。。
いやぁ、ホントに疲れた。。。
乾杯!
ステーキも美味しかったけど、何よりビールが最高だった。
R0015462

何とも長い2日目であった。
予想したこととは言え、南アの遠さを改めて実感。
食べ終わってすぐ眠りについたのは言うまでもない。。。

<続く。。。>
[PR]
by lefty_0909 | 2010-07-29 23:45 | Travel | Comments(2)
Commented by ふらり at 2010-08-01 00:43 x
あはははは、、、そのまま寝れば良かったのに(笑)
Commented by lefty_0909 at 2010-08-01 02:55
ふらりさん、こんばんは。
そのまま。。。^^;
でも、結果的には5泊のうち3泊しかベッドで寝なかったのでまぁ良いかも。。。ゞ(-_-;