201006_World Cup South Africa #1
もはや西暦偶数年の恒例行事となった感のあるWorld Cup及びEURO観戦の旅。
今回は開催地が南アフリカと言うことで、観戦チケットは事前に確保していたものの、旅行確定は4月22日と直前まで引っ張ることとなってしまった。
治安、現地でのアクセス等不安要素を抱えていたことと、主たるホテルがFIFA等にブロックされ自力確保できなかったことが主因で、やむなくいつものようなフリー旅行ではなく、フライト、ホテルとスタジアム送迎がセットになったEmiratesパッケージでの参加となった。
ちなみにお値段は、EKのYクラス利用5泊8目2名1室で373,223円。西鉄旅行等他の旅行会社主催の日本戦観戦ツアー等に比べればかなりお値打ちだったと思う。


[Day1 21/06/2010]

6月21日(月)、仕事を定時に切り上げ一旦自宅に戻り、うちのネコの長期留守番体制を整え着替えを済ませてから、スーツケースをピックアップして地下鉄で名古屋駅へ。
在来線ホーム売店のきしめんで空腹を満たしてから「ひかり481号」に飛び乗り新大阪へ向かう。
この段階で早くも汗だくである。
南アが寒いなどとはにわかに信じ難い。
新大阪駅で先行していた同行U氏と合流し、「はるか47号」で関西空港へ。
U氏がグリーン車を指定していたので付き合いで乗ったのだが、考えてみれば旧国鉄時代を含めてもJRのグリーン車は初体験だと思う。
開空は98年フランス大会へ出かけたとき以来だと思うが、頭の中にまったく印象が残っていない。
取り急ぎ3階チェックインカウンターヘ向かうとかなりの行列が出来ている。
EK317使はJALとのコードシェア使でもあるのだが、SFCはもちろんJGPもここでは無力、ただ順番を待つしかない。
無事チェックインを済ますもこの時間帯には空港内のほとんどの店が営業を終了していて時間をつぶす場所もなく、何となくブラブラしたのち保安検査を通過し搭乗ゲートヘ足を運んでいると案内放送が我々の名前を呼んでいる。
むむっ、搭乗時刻が早まり催促の案内かと急ぎ足でゲートヘ出向くと、地上係員が、あいにくYが満席ですのでCに変更させていただきますと。。。
いえいえ、あいにくどころか・・・神の声!
インボラアップグレード、キタ───(´∀`)───!!
インボラも何度か経験はあるが一人旅以外では初めてだ。
中継地ドパイまで10時間に及ぶフライトでYとCでは天と地ほどの違いがある。
ましてや評判の良いEKのCである。
ここで快適さに慣れてしまうとドパイからの後半戦が辛いことになりそうだが、それはまぁ別のお話。
期待に胸を膨らませつつ機上の人となる。

R0015307


<続く。。。>
[PR]
by lefty_0909 | 2010-07-26 23:00 | Travel | Comments(2)
Commented at 2015-10-17 13:10 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by lefty_0909 at 2015-10-19 17:30
根本暢明さん、コメントありがとうございます!
チップ、そう言うものなんですかねぇ。
その時はとにかく何やってるんだ!と怒り心頭だったので…
やはり何事に対しても心を広く持たないといけませんね!^^;